シンガポール流アクティブ・ラーニング シンポで報告

シンガポールと日本の教室環境などを比較し議論する、教育改革国際シンポジウム「学びのイノベーションに向けた創造的で働きやすい学校空間」(国立教育政策研究所主催)が1月30日、文科省で開かれた。教育関係者ら約200人が参加。講演ではシンガポールにおける、アクティブ・ラーニング(AL)の事例が報告された。

シンガポール国立教育学院のタン・ウン・セン教授が、同国の教育改革と教員養成をテーマに講演した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。