教員への就職者数増、でも教員就職率減 教員養成大

文科省は1月31日、2018年3月の国立教員養成大学卒業者と、国立・私立の教職大学院修了者の就職状況を公表した。教員就職率は学部で前年度比0.5ポイント減の67.0%(大学院進学者と保育士の就職者を除いた場合)、教職大学院で前年度比2.0ポイント増の93.7%となった。国立教員養成大学・学部では、教員への就職者数は増加したものの、教員就職率は下がった。民間への就職者も増えたことなどが影響した。

国立教員養成大学・学部の卒業者1万960人(前年度比144人増)のうち、教員になったのは6457人(同43人増)。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。