「こども環境白書」を公開 ESD取り入れ、教材として

リニューアルした「こども環境白書」(環境省HPより)

環境省は2月6日、2019年版「こども環境白書」を公開した。同白書は16年版以降、約3年ぶりの発行で、18年4月に閣議決定した第5次環境基本計画を踏まえ、構成を大幅にリニューアル。ESDの視点を取り入れ、持続可能な地域の在り方を考えさせる教材となっている。

同白書は、小学校高学年以上の児童生徒を対象に、身近な環境問題に気付かせ、調べたり話し合ったりして、学校や家庭、地域で自分ができることを考えさせるための教材として作成。

19年版では、多発する自然災害や食品ロス、再生可能エネルギーなど、近年の環境問題に関するさまざまなトピックについて、統計グラフやイラスト、写真を豊富に使って解説している。

同白書は環境省のホームページから閲覧・ダウンロードできる。