都教委「性教育の手引」改定へ 区立中を巡る問題踏まえ

東京都教委は2月7日、「性教育の手引」改定の素案を作成委員会に提出し、了承を受けた。改定は3月をめどに実施し、学習指導要領の範囲を超えて避妊や人工中絶を中学校の授業で扱う場合の具体例を明記する方針。都では、足立区立中学校で実施された妊娠と中絶を扱った授業が、都議から「不適切だ」と指摘され波紋を呼んでいた。

素案は中学生の性に関する現代的な課題に対応した指導の在り方を示す狙いで、東京都医師会と連携して作成。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。