副大臣が野田市に聞き取り 学校・市教委の対応検証へ

千葉県野田市で小学4年生の女児が虐待死した事件を受け、政府は2月8日、児童虐待防止策の強化に向けた関係閣僚会議を開いた。同日、浮島智子文科副大臣と大口善德厚労副大臣が野田市役所を訪問し、鈴木有市長らに一連の経緯に関する聞き取りを実施した。文科省は同事件に関するタスクフォースを設置し、学校や市教委の対応を検証する。

関係閣僚会議で安倍晋三首相は▽現在把握している全ての虐待ケースで1カ月以内の緊急安全確認を実施▽子供の安全を最優先に、虐待の通告元を明かしたり、資料を見せたりしないことを定めた新ルールの設定▽威圧的な保護者に対する複数機関での共同対処ルールの設定▽児童福祉司の来年度1千人増員――を根本匠厚労相らに指示した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。