高等教育の無償化で新法 今国会提出の法案を閣議決定

政府は2月12日、今通常国会に提出する「大学等における修学の支援に関する法律案」を閣議決定した。2020年度からの低所得者世帯に対する高等教育の授業料減免制度創設や給付型奨学金の支給拡充を定めた。合わせて、大学の教育、研究、経営基盤を一体的に改革するため、学校教育法などの一部改正案も閣議決定した。

「大学等における修学の支援に関する法律案」では、住民税非課税世帯とそれに準ずる世帯の学生を対象に、大学、短大、高等専門学校、専門学校の授業料や入学金を減免する制度を創設する。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。