医療的ケア検討会議が最終まとめ案 対応策を明記

文科省の「学校における医療的ケアの実施に関する検討会議」は2月13日、第9回会合を開き、最終まとめ案を示した。日常的なたんの吸引や胃ろう、経管栄養などを必要とする医療的ケアの増加に伴い、教育委員会や学校に求められる対応策や留意点を明記した。

最終まとめ案では、医療的ケアの種類や頻度による画一的な対応ではなく、医療的ケアの状態や個々の教育的ニーズに応じた指導が必要だとした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。