都立高入試の英語スピーキングテスト 都教委が概要公表

スピーキングテストの実施概要が報告された都教委定例会

2022年度の都立高入試から導入する英語のスピーキングテストについて、東京都教育委員会は2月14日、検討委員会の報告書を踏まえた具体的な実施概要を公表した。スピーキングテストは11~12月に、都教委が監修した問題を用いて、民間の資格検定試験実施団体がタブレット端末などに解答音声を録音する方式で実施する。

都教委によると、英語のスピーキングテストは中学校における「話すこと」の指導の充実と、高校における「使える英語力」の育成が目的。中学校学習指導要領に準拠し、都教委が監修した問題を出題する。都と協定を結んだ民間資格検定試験の実施団体が試験実施を担う。試験運営や採点に中学校の教員は関与しない。

毎年度11月の第4土曜日から、12月第2日曜日までの土日・祝日に、大学などの施設で実施。タブレット端末に解答音声を録音する方式を想定している。受験回数は受験生につき1回のみで、受験料は都で負担する。

21年秋の本格実施に向けて、都教委は今年5月までに試験の実施団体を決定し、秋から冬にかけて、都内の公立学校の中学3年生8千人を抽出したプレテストを実施する。20年度には都内全公立中学校の3年生を対象にしたプレテストも予定している。

試験日程の複数設定や配点などは今後検討する。検討委員会の報告書では、私立高校入試での活用やスピーキングテストの導入を検討している他道府県との連携についても、今後の検討事項に挙げている。