小学校での過労死ラインの割合は横ばい 都教委が報告

働き方改革が進みながらも、小学校では過労死ラインに相当する教員の割合が減らない――。東京都教育委員会は2月14日、第3回都教委定例会を開き、昨年策定した「学校における働き方改革推進プラン」の取り組み状況のフォローアップを報告した。2018年度の勤務状況と、17年度に都が実施した公立学校教員の勤務実態調査を比較したところ、過労死ラインである月80時間以上の時間外労働に相当する教員の割合が、小学校で依然として横ばいであることが分かった。

18年度の、教員の1週間当たりの平均在校時間は▽小学校 58時間7分(前年度比26分減)▽中学校 61時間14分(同3時間21分減)▽高校 51時間22分(同1時間44分減)▽特別支援学校 48時間47分(同5時間35分減)――となり、いずれも減少した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。