すべての子供の学習権を保証する学校を 東大で校長研修

インクルーシブ教育のためのワークショップ・校長リーダーシップ研修「『みんなの学校』をつくるために校長はなにをすべきなのか」が2月14、15日の両日、東京大学本郷キャンパスで開催された。各セッションのワークショップのファシリテーターは、フル・インクルージョン教育を実現し、映画『みんなの学校』の舞台となった、大阪市立大空小学校の初代校長である木村泰子氏が務めた。

同学大学院教育学研究科附属バリアフリー教育開発研究センター主催。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。