小・中学校の施設整備で報告書 施設整備指針も改訂

小・中学校の学校施設の在り方を検討している文科省の調査研究協力者会議は2月18日、第7回会合を開き、報告書と小・中学校の施設整備指針の改訂案をとりまとめた。新学習指導要領やインクルーシブ教育に対応した学習空間の設計をはじめ、ICT環境の整備や防災機能の強化などをうたった。

報告書によると、前回会合での検討事項を踏まえ、新たに小中一貫校における異学年交流スペースの重要性や、児童生徒が落ち着いて学習したり、クールダウンしたりできるスペースの確保、EdTechの活用を意識したICT環境の整備が追記された。……