「子供から学ぶ姿勢を」 インクルーシブ教育で研修会

 2月14、15日に東京大学本郷キャンパスで開催された、インクルーシブ教育のためのワークショップ・校長リーダーシップ研修「『みんなの学校』をつくるために校長はなにをすべきなのか」では、同学大学院教授で、教育学部附属中等教育学校の勝野正章校長が「インクルーシブ教育のためのリーダーシップ」について講演。「インクルーシブ教育は個人の問題ではなく、社会システム、社会構造の問題と捉えることが重要。多様性や差異を心地よいと考えられることが『みんなの学校』であると言える」と述べた。

 勝野校長は、インクルーシブ教育の実践に、統制・命令型のリーダーシップは障壁となる可能性があると指摘。……