「通学せずとも学べる仕組み」 Society5.0時代を討論

 「Society5.0時代の学校教育」と題したパネルディスカッションが2月19日、東京都千代田区の武蔵野大学附属千代田高等学院(荒木貴之校長)であった。経産省の浅野大介教育産業室長や前ミネルバ大学日本連絡事務所代表の山本秀樹氏らが登壇し、教員ら約90人が聴講した。

 浅野室長は「通信制高校のように集まるべきタイミングでのみ集まり、通学せずともできることはオンラインで学べる仕組みが必要になる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。