学校でのスマホ禁止を見直し 文科省が通知緩和へ

柴山昌彦文科相は2月19日の閣議後記者会見で、小・中学校への携帯電話やスマートフォンの持ち込みについて、原則禁止とした2009年の文科省通知を見直す方針を明らかにした。携帯電話の持ち込みを巡っては、災害時や防犯の目的から、大阪府教委が学校への持ち込みを認め、使用や管理方法のルールを定めたガイドラインの策定を進めている。

文科省は09年の通知で、「教育活動に直接必要がない」ことなどを理由に、小・中学校への携帯電話の持ち込みを原則禁止としていた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。