第10期中教審会長に渡邉氏 副会長に天笠氏、永田氏

第10期を迎えた中教審は2月20日、第122回総会を開き、会長に第一生命ホールディングス会長の渡邉光一郎氏を選出した。副会長には筑波大学長の永田恭介氏と、千葉大学教授の天笠茂氏が選ばれた。この日の総会では、第3期教育振興基本計画のフォローアップと次期基本計画に向けた課題整理を目的に、第9期に引き続き、教育振興基本計画部会を設置することが決まった。

渡邉新会長は「Society5.0や国連のSDGsでは、デジタル革新に加えて、人を中心に考えることが明確に打ち出されており、人材育成や教育の在り方とも結び付く。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。