生徒の問題発見力を育む 品川女子学院理事長が講演

「学校現場における企業連携」をテーマに、品川女子学院(東京都品川区)の漆紫穂子理事長が2月20日、文科省で講演した。地域や企業と組んだ同校の取り組みに触れながら、「実践を通して、生徒たちは『今ある問題を新たに見つけ出す力』を身に付けている」と話した。

品川女子学院は「起業マインド」を持つ生徒の育成を目指し、さまざまな企業や地域と協力。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。