2時間目からの「遅番」導入 静岡の市立中学が4月から

2時間目から勤務スタートとする「遅番」を、静岡市立大里中学校(山下由修校長、生徒692人)が4月から導入することが、2月21日までに分かった。学校の働き方改革の一環。「遅番」と通常の勤務時間の2種類を教員間で調整し、長時間労働の改善と部活動の両立を図る。

「遅番」は午前9時半から午後6時までが勤務時間。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。