非認知能力をどう育てるか SDGsでの幼児教育の重要性

幼児教育・保育に「非認知能力」をどのように育てていくか――。文科省、外務省、筑波大学、広島大学が主催する「持続可能な開発目標達成に向けた国際教育協力日本フォーラム」が2月22日、文科省で開かれた。日本と世界各国の教育関係者ら約100人が参加し、SDGsの達成に向けた乳幼児期の教育・保育の重要性を議論した。

パネルディスカッションでは、ESDを取り入れた日本の幼稚園の実践報告や乳幼児の学習支援を専門とする教員養成の在り方について、シンガポールの研究者による発表があった。……