教育長・校長が戸田市に集結 EBPMや働き方改革議論

「埼玉の教育・学びの未来を創造する 教育長・校長プラットフォームIn戸田」が2月23日、埼玉県戸田市立戸田第二小学校で開かれ、教育関係者約160人が参加した。エビデンスに基づいた施策(EBPM)や学校の働き方改革など、教育行政や学校が抱えるさまざまな問題について、参加者同士が議論した。

講演では、文科省の矢野和彦大臣官房審議官が登壇し、教育施策におけるEBPMについて問題提起した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。