学校給食の実施率は95.2% 夜間定時制高校では減少

校種別の学校給食実施状況

給食を実施している学校は全国で3万92校に上り、給食実施率が95.2%となったことが、文科省が2月26日に公表した2018年度の学校給食実施状況調査で分かった。一方、夜間定時制高校の給食実施率は、16年度の前回調査と比べて4.6ポイント減少した。

調査によると、校種別の学校給食の実施率は▽小学校 99.1%(1万9453校)▽中学校 89.9%(9122校)▽義務教育学校 100%(82校)▽中等教育学校(前期課程) 63.5%(33校)▽特別支援学校 89.9%(1018校)▽夜間定時制高校 68.0%(384校)――だった。

主食、おかず、ミルクから成る完全給食を実施している学校における、米飯給食の実施率は100%で、週当たりの平均実施回数は3.5回だった。

自校炊飯を実施しているのは小学校で45.5%、中学校で44.5%だった。

公立小・中学校で保護者が負担する給食費の平均月額は、小学校で4343円(前回調査比20円増)、中学校で4941円(同12円増)といずれも微増した。

調査は18年5月時点で学校給食を実施している、国公私立の小・中・義務教育学校、中等教育学校(前期課程)、特別支援学校、夜間定時制高校を対象に実施した。