「次世代学校ICT環境」実証事業 東京・前原小で報告会

東京都小金井市立前原小学校(松田孝校長、全校児童539人)で2月23日、同小がモデル校に指定されている、総務省「『次世代学校ICT環境』の整備に向けた実証事業」の報告会が開かれた。教育関係者ら約400人が出席した。

同校では、ブラウザ上から児童の学習状況をリアルタイムに把握できる「schoolTakt(スクールタクト)」を導入し、「朝の会」や授業で活用している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。