現役高校教諭が大阪府を提訴 「長時間勤務で適応障害」

長時間勤務で適応障害を発症し休職を余儀なくされたとして、大阪府立高校に勤務する男性教諭が2月25日、府に約230万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。原告側代理人によると、公立学校の現職教員が過重労働の責任を問う国家賠償法に基づき、自治体に損害賠償請求するのは初めて。

提訴したのは西本武史教諭(31)。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。