小学校で「ペアレントトレーニング」 戸田市とLITALICO

保護者が抱く子育ての「困り感」を教員が支援――。埼玉県戸田市立芦原小学校(藤川英子校長、児童692人)で2月27日、応用行動分析に基づき、親子関係をよくしたり、保護者のストレスを減らしたりする「ペアレントトレーニング」の講座が開かれた。研修を受けた同校の教員がファシリテーターとなり、子育ての悩みや子供との接し方について保護者らと話し合った。

同講座は今年度から始まった、同市教委と、障害者の教育・就労支援サービスを展開するLITALICOとの共同研究の一環。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。