給食の食べ残し削減で成果 環境省がモデル事業報告会

環境省の「学校給食の実施に伴い発生する廃棄物の3R促進モデル事業報告会」が2月28日、都内で開かれた。教育関係者や自治体関係者約70人が参加。給食の食べ残しを減らし、効果的な食育につなげるために、エビデンスに基づく実践の重要性が指摘された。

成果報告として、モデル事業を実施した2自治体が発表。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。