「権利としての無償教育を実現」 全教などが新団体

全日本教職員組合や日本学生支援機構労働組合、日本私立大学教職員組合連合など、8団体の代表が呼び掛け人となった新団体「権利としての無償教育を実現し、社会の未来を拓く市民報告書つくる会」が結成され、文科省で3月4日、記者会見が開かれた。

同団体が求めるのは▽高等教育までの無償教育の迅速な達成と、具体的な措置の提示▽高校の授業料無償計画の作成、入学金や教科書の無償措置▽学校納付金など間接的な費用の無償措置――など。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。