「真剣に話を聞いてくれる先生が理想」 保護者意識調査

保護者が描く理想の小学校教員は、真剣に話を聞いてくれる先生――。大谷大学は3月1日、幼稚園児や小学生の保護者を対象とした「幼児教育・小学校学校教育に関する保護者の意識調査」の結果を公表した。

小学校教員の理想像を聞いたところ(複数回答)、「真剣に話を聞いてくれる」が55.0%で最多だった。

ついで▽信頼関係を築けている 54.7%▽心と向き合ってくれる 45.8%▽ひいきをしない 43.6%――となった。

幼稚園・保育園教員の理想像で最も多かったのは、「褒めるのが上手」(52.0%)。

自身の子供に対して教員から掛けられてうれしかった言葉は、「優しいですね、思いやりがありますね」が114人で最多だった。

ついで多い順に、▽頑張っていますね、頑張り屋ですね 55人▽よく頑張りましたね 29人▽よくできましたね 25人▽友達と仲が良いです、人気者です 25人――となった。

同調査は今年1月8日と9日に、全国の幼稚園児・保育園児、小学生の保護者1千人を対象に、インターネットで実施した。