不登校に関する助言方法 国研が指導主事向け資料を作成

不登校の継続数・新規数に着目した指導助言メモの作り方を解説

国立教育政策研究所は3月4日、不登校の取り組みの点検・見直しを、各学校に指導助言する具体的な方法をまとめた資料を、指導主事向けに公開した。

不登校の継続数や新規数といったデータから、地域全体や各校の不登校の状況を把握し、指導助言するための方法を明示。

①登校の数を継続数・新規数に分ける②継続数・新規数の傾向を知り、取り組みの違いを確認③実際の継続数・新規数を基に、指導助言の内容を考える④年度当初に準備できる内容を、改めてまとめる⑤年度途中の状況を調査でつかみ、指導助言に生かす――の5パートに分け詳述している。

指導助言メモの作り方や様式例、助言の視点も示した。

同資料は、国研のサイトからダウンロードできる。