コミュニケーションの質 同調度合いが左右

「IoTとコミュニケーション可視化」と題したシンポジウムが3月5日、都内で開催された。主催は東京工業大学のインテリジェントIoTプラットフォームプロジェクトで、約200人が参加。IoTの活用を一層進めることで、教育や人間関係がどう変容するかを調べた実験結果が報告された。

同学地球インクルーシブセンシング機構の野澤孝之特任准教授らが、感情や覚醒度合いの変化を、IoTを活用して把握した実験について説明。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。