【震災から8年②】 「防災・減災教育に全校で取り組む」

東日本大震災を風化させない大切さを伝えたい――。全国で2例目の「災害科学科」を備える宮城県多賀城高校(佐々木克敬校長、生徒810人)で3月2、3日の両日、「東日本大震災メモリアルday」と銘打った追悼行事と、ESD活動報告会があった。

「東日本大震災メモリアルday」では、黙とうをささげた後、佐々木校長が講話。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。