部活動指導員と学校を「マッチング」 8日にサイト開設

日本スポーツ協会(JSPO)は3月6日、学校現場と専門知識を持つ外部のスポーツ指導者をつなぐ「マッチングサイト」を8日にオープンすると発表した。学校は外部の部活動指導員を見つけるツールとして活用できる。利用は無料。

同サイトに指導者として登録するのは、JSPOと各競技団体が認定する資格「公認スポーツ指導者」を持つ希望者。

部活動指導員を募集する学校は、種目や場所、対象年代、性別、謝礼などの条件をサイト上に示し、応募を募る。学校側から、条件に合った指導者個人にオファーを出すこともできる。

JSPOの担当者は「部活動で専門知識に基づく指導を受けられるのは、児童生徒にとって良いこと。正しく、楽しく、安全に運動できる環境を提供したい」と話している。

部活動のほかに、体育の授業や、地域のスポーツチーム指導での活用も検討しているという。