鉄分摂取を学ぶ保健ノート オハヨー乳業が無償配布

鉄分摂取について学べる「みんなの保健ノート」(オハヨー乳業提供)

食品メーカーのオハヨー乳業は3月1日から、鉄分摂取の大切さを学ぶ教材『みんなの保健ノート カラダと鉄分のお話し』16万部を、日本学校保健会を通じて、全国の小・中・高校などに無償配布すると発表した。

国立成育医療研究センターの荒田尚子医師らによる監修の下、同教材を作成。A5サイズ、12ページの小冊子で、ホームページからもダウンロードができる。

同社は「8歳以上の男女ともに鉄分摂取量は不足している。一方で、昨年末の高校生アスリートによる鉄剤注射の問題などもあり、このような摂取不足・過剰摂取の状況を考慮すると、鉄分に対して今まで以上に正しい理解を広めていく必要がある」としている。