格差か教科化か プログラミング教育でディスカッション

日本教育情報化振興会(JAPET&CEC)主催の「教育の情報化推進フォーラム」2日目の3月8日、ICTを活用して地域貢献した高校の実践報告や、「プログラミング教育の課題と展望」をテーマに、文科省や教委、研究者が語り合うパネルディスカッションが実施された。

実践報告では、静岡県立掛川西高校の吉川牧人教諭が「掛川城プロジェクションマッピング~高校生×地域貢献×ICT~」をテーマに発表。生徒20人が自主的に集まり「掛川を世界へ宣伝しよう!」を合言葉に、「iPadを使用したプロジェクションマッピングイベント」を発案し、商工会議所や市役所、地元企業に相談しながら実行したといい、「イベント当日は約2千人が来場し、好評だった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。