イノベーター教員研修 アントレプレナーシップに注目

イノベーティブな教員を育てるには何が必要か――。経産省「未来の教室」実証事業の『教育イノベーター創出プログラム』の成果報告会が3月10日、千葉市美浜区の神田外語大学で開かれた。教員関係者ら約200人が参加した。実証事業の各プログラムに参加した教員らが、プログラムの成果や校内へのイノベーションの波及について語り合った。リスクの伴う新しい挑戦をしようとする「アントレプレナーシップ」に基づく研修に注目が集まった。

東京都立国際高校の佐野寛子教諭は、実証事業の一つで、参加した教員が実際にプロジェクトオーナーとして勤務校の問題解決に取り組む研修プログラムに参加した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。