18県で初任研にメンター方式 小中の7割で拠点校方式

文科省は3月12日、2017年度の教員研修実施状況調査の結果を公表した。初任者研修では、小、中学校で指導教員が複数の初任者を指導する拠点校方式が7割以上を占めた。ベテラン教員やミドルリーダークラスの教員がメンターとなり、チームで若手教員を育成するメンター方式は、47都道府県教委のうち18教委で実施されていた。

それによると、初任者研修で拠点校方式を採用しているのは、校種別に▽小学校 73.4%▽中学校 74.4%▽高校 6.3%▽特別支援学校 39.9%▽幼稚園 20.0%▽幼保連携型認定こども園 22.4%――だった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。