STREAM教育やクラス3.0 「bettアジア」開幕

アジアを中心とした各国の教育関係者と、テクノロジー企業が参加する博覧会「bettアジア2019」が3月12日、マレーシアの首都クアラルンプールで開幕した。約2千人が参加。初日のこの日は、マレーシアとブルネイの教育大臣らの鼎談(ていだん)や、AVR(拡張現実とバーチャルリアリティー)を使う授業「クラス3.0」のツールなどが披露された。(クアラルンプール発=教育新聞編集部長 小木曽浩介)

鼎談でマレーシアのマズリー教育大臣は「マレーシアの学校全体で、STEM教育への取り組みが増えた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。