障害者の生涯学習で報告書 特支で移行期の学びを充実

学校を卒業した後の障害者の学びの推進について議論していた文科省の有識者会議は3月14日、第16回会合を開き、障害者の生涯学習の推進方策に関する報告書をとりまとめた。関係機関と連携し、ニーズを踏まえながら、障害者が地域の中で学び続け、社会に参加していくために必要な取り組みや人材育成の在り方を示した。特別支援学校に対しては、卒業後を見越した移行期の学習の充実を求めた。

文科省が2018年度に障害者を対象に実施したアンケートによると、学校を卒業した後に、学習の場やプログラムが身近に「ある」と感じているのは3割にすぎず、「一緒に学習する友人、仲間がいない」との回答は7割に達した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。