見守り「室」に「システム」 子供の貧困先進策を報告

「子供の貧困対策に関する大綱」の改訂に向けた議論を進めている、内閣府の「子供の貧困対策に関する有識者会議」は3月15日、第11回会合を開き、自治体による子供の貧困対策について検討した。大阪府箕面市の倉田哲郎市長が、各種データを行政が集約し、子供の成長を追跡しながら必要な支援につなげる、同市の先進的な施策の成果を報告した。

同市では、市長部局で保育所や児童手当などを担当する児童福祉課を教育委員会に移管し、子供関連施策を一元化。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。