「自然災害伝承碑」の地図記号制定 災害の教訓生かす

先人が伝える災害の教訓を、地図で確認できるように――。国土地理院は3月15日、過去の自然災害の記録を刻んだ石碑などの位置を示す「自然災害伝承碑」の地図記号を、新たに制定したと発表した。2018年の西日本豪雨の被災地で、明治時代にあった大水害を伝える石碑があったものの、周知されていなかったことが背景にある。同院は19年度から各地にある石碑などの情報を収集して地図に掲載し、教訓の普及と防災・減災に役立てたいとしている。

同院によると、18年7月に起きた西日本豪雨災害で多くの犠牲者を出した広島県坂町で、111年前の1907年に起きた水害を伝える石碑があったものの、地域住民は伝承について知らず、「石碑があるのは知っていたが碑文を読んだことはなく、水害について深く考えたことがなかった」などの声が聞かれたという。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。