過疎化と貧困対策、学力向上 教育長・校長が成果報告

3月17日に東京都文京区の東洋大学で開かれた「教育・学びの未来を創造する教育長・校長プラットフォーム」の「2019年総会」。「学力向上」分科会では、国の全国学力・学習状況調査で上位にいる秋田県の中でも、高い学力を維持している大館市の高橋善之教育長と、貧困世帯の多い中で基礎学力の定着に取り組み、成果を上げた東京都足立区新田学園の土肥和久校長が、学力向上の取り組みを報告した。

過疎化が進行する大館市では、「ふるさとキャリア教育」を掲げ、キャリア教育と授業改善による学力向上で効果を上げている。……