「学校の意識低い」と市教委謝罪 尼崎市立中いじめ自殺

兵庫県尼崎市立中学2年の女子生徒(当時13)が2017年12月に「学校がしんどい」というメモを残して自殺したことを巡り、市教委が設置した第三者委員会は3月18日、調査報告書を公表し、「クラスや部活動でのいじめが、生徒の自死に影響を及ぼした」と認定した。

さらに、教員が誤解をもとに女子生徒を激しく叱責(しっせき)したことが生徒を追い込んだとして、「いじめの精神的苦痛や孤立感、学校への絶望など複合的な要因が絡み合って自死した」と結論付けた。

報告書によると、クラス内の特定の女子グループが、少なくとも17年10月ごろから「きもい」「うざい」などの悪口を女子生徒に対して言うようになり、その後「死ね」などとエスカレート。

また、所属していた女子ソフトテニス部ではもともとトラブルが多発しており、不真面目な態度だった他の部員を女子生徒が注意したことから、同年11~12月に部活動の生徒も悪口を言うようになり、女子生徒が亡くなる直前にはクラスと部活動の両方の生徒がLINEで一斉に悪口を書き込んでいたと報告した。

学校の対応については、17年11月に実施したアンケートで「最近、同級生から何か嫌なことをされたり命令されたり暴力を振るわれたりしたことがありますか」という質問に「時々ある」、「友達に嫌なことをされたり言われたりする」という問いに「すごく当てはまる」と女子生徒が回答したにも関わらず、担任は内容を確認せず、対処を怠ったと指摘。

部活動についても女子生徒は「嫌だ」と漏らしていたが、担任は状況を聞き取らず、女子生徒が信頼していた部活動の元副顧問も受け流していたとした。

12月20日、部活動のトラブルを女子生徒が言いふらしていると誤解した学年主任が女子生徒に口止めをし、さらに別の教諭が女子生徒を叱責。報告書によれば「(女子生徒が)発言しようとすると大声で言葉をかぶせて発言を阻止し、強く非難することを繰り返した」「興奮した様子で乱暴な言葉を使って大声で叱責した」という。

女子生徒は学校のトイレの個室にこもってしばらく泣いた後に帰宅し、「学校がしんどいです。もう無理です。ゴメンなさい。たえられませんでした」などと書いたメモを残し、自宅で亡くなった。

第三者委は「生徒は何度もSOSを出していたが、教員は耳を傾けることはなかった。理不尽な叱責を受け、学校そのものに絶望した」とし、女子生徒が亡くなった後の学校や市教委の対応についても「指導の必要がある生徒に対して一切指導しなかった」と批判。

また、「他の生徒へのアンケートの実施について遺族と相談せず、遺族が知るべき情報を開示しないなど、場当たり的な対応で大きな問題があった」と指摘した。

報告書の公表を受け、同市の松本眞教育長は会見を開き、「指摘のとおりで教員が適切に対応できないまま女子生徒が自殺し、学校現場の意識の低さを痛感している」と陳謝し、学校や市教委職員の処分を検討する考えを明らかにした。