ビッグデータで課題解決 「未来の教室」実証事業を報告

 経産省の「『未来の教室』とEdTech研究会」は3月18日、第7回会合を省内で開いた。各分野での実証事業の成果を、事業者が発表。初等中等教育に関する実証事業では、ビッグデータを活用した課題解決学習の取り組みについての、イノベーター人材の育成では、教員研修による組織変革を視野に入れた事業についての成果を報告した。

 学校の授業で産業ビッグデータを活用し、観光プランや観光施策を提案する「実践型観光教育モデル」の取り組みを、JTB霞が関事業部が報告。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。