体罰禁止を明記 児童虐待防止で改正法案を閣議決定

 相次ぐ児童虐待の防止策として、政府は3月19日、養育者による子供への体罰禁止や児童相談所の体制強化を盛り込んだ、児童福祉法などの改正案を閣議決定した。同日の関係閣僚会議では、児童虐待防止対策の抜本的な強化策もとりまとめた。

 改正法案では、しつけを理由とした子供への体罰禁止を明記。親の懲戒権の在り方についても検討規定を設けた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。