「フラッグシップ大学」を検討 教員養成部会に新WG

中教審「初等中等教育分科会教員養成部会」は3月20日、都内で第104回会合を開き、教員養成の課題に関する審議事項を精査した。新たに大学の教職課程基準と、Society5.0に対応できる教員を養成する「フラッグシップ大学」を検討するために、それぞれのワーキンググループ(WG)設置を決定した。

第10期の立ち上げに伴い、部会長には国立高等専門学校機構監事の加治佐哲也氏が選出された。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。