仏・フレネ教育の実践報告 教員らが自主研修

子供が主体的・能動的に学ぶ教育実践について考える、教員らの自主研修が3月20日、都内であった。仏の教師セレスタン・フレネ(1896-1966年)による教育メソッドを研究する、フレネ教育研究会が主催した。

フレネ教育とは、同研究会代表の結城孝雄東京家政大学教授によると、「子供を『自ら学ぶ存在』とし、教育を教えることではなく、具体的な経験を通して学べる環境をつくることとする、21世紀型教育の原点」。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。