私学教員らが厚労省で会見 学校への行政指導を公表

非正規雇用の30代の教員2人が京華商業高校(東京都文京区、萩庭悟校長)に対し、雇い止めや長時間労働、残業代不払いなどの改善を求めている問題で、教員2人と労働組合「私学教員ユニオン」は3月22日、厚労省で会見を開き、労働基準監督署から同校に行政指導があったことを明らかにした。

教員2人は同校の教諭だが、1年ごとに契約を更新する非正規教員で、2019年3月末での雇い止めが決定している。……