世界大学ランキング日本版発表 京都大学が初の単独1位

分野別上位校

英国の教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)」などは3月27日、「大学改革カンファレンス2019」を開催し、「世界大学ランキング日本版2019」を発表した。今年は3回目のランキングで、京都大学が初めて単独1位になった。公立1位の国際教養大学は2年連続で順位を上げ、初のトップ10入り(10位)。私立大学のトップは国際基督教大学(11位)だった。

学生1人当たりの教員比率や、高校教員・学生・企業の評価、外国人学生の比率などを調査。「教育リソース」「教育充実度」「教育成果」「国際性」の4分野で構成して評価した。

総合順位の上位20校は昨年と同じ顔ぶれで、国立大15校、私立大4校、公立大1校となった。

京都大学が「国際性」で差をつけ単独1位になり、9位までは過去2回と同様に国立大学が占めた。

「教育充実度」や「国際性」の評価が高い国際教養大や国際基督教大が順位を上げた一方、東京工業大(7位)、早稲田大(13位)、慶応義塾大(14位)などが順位を下げた。

カンファレンスでは、シンガポール国立大学のオヴィディア・リム・ラジャラム首席広報官が基調講演。国が大学の使命とビジョンを焦点化して大学改革を主導し、海外の名門大学との連携や起業家教育、生涯学習を推進したことが功を奏したと語った。

同誌データ解析ディレクターのダンカン・ロス氏は「THEが実施する世界ランキングの指標は研究力が30%を占め、教育にも力を入れる日本の大学が評価されにくいため、日本版の作成が必要だった」と説明。

今年は初めて高校教員をカンファレンスに招待したといい、▽高校生や日本への留学希望者の、大学選びの参考▽大学における改革やグローバル化推進――などに活用してほしいと語った。

世界大学ランキング日本版(総合順位)の上位20大学は次のとおり。

▽1位 京都大▽2位 東京大▽3位 東北大▽4位 九州大▽5位 北海道大▽5位 名古屋大▽7位 東京工業大▽8位 大阪大▽9位 筑波大▽10位 国際教養大▽11位 国際基督教大▽12位 広島大▽13位 早稲田大▽14位 慶応義塾大▽15位 一橋大▽16位 神戸大▽17位 上智大▽18位 金沢大▽19位 千葉大▽20位 東京外国語大。