厚労省も緊急追跡調査 未就園児ら16人が虐待の疑い

厚労省は3月28日、全国の未就園児や不就学児らの安全を確認する緊急フォローアップ調査の結果を公表し、3月1日時点で虐待の疑いのある児童を16人確認したと発表した。

同調査は、昨年6月1日時点で安全が確認できなかった児童1万5270人のうち、11月末でも確認できなかった2936人を対象に実施。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。