19年度の研究開発学校 新規・延長9件33校を決定

 文科省は4月1日、2019年度の研究開発学校として、新規・延長で9件33校を決定した。従来の指定校を含め、同年度は31件80校が研究指定校となり、EdTechの活用や、教科・学年を超えた協働的な学びなどを研究する。

 東京都町田市立町田第五小学校では、算数にEdTechを活用して、児童個々の学習履歴データを蓄積・分析し、学習ペースや基礎基本の理解状況を把握。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。