新元号は「令和」に 児童生徒への講話例

政府は4月1日、臨時閣議を開き、新元号を「令和(れいわ)」と決めた。「万葉集」の巻五、梅花の歌32首の序文「初春の令月にして、気淑(きよ)く風和(やわら)ぎ、梅は鏡前の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香を薫(かおら)す」に由来する。改元は5月1日から。

新元号の発表に当たり記者会見した安倍晋三首相は「厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人一人の日本人が明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。