全国10校を拠点にWWL構築 国際機関・大学と高校が連携

Society5.0に対応するグローバル人材の育成を目的とした「ワールド・ワイド・ラーニング(WWL)コンソーシアム」について、文科省は4月3日、2019年度から新規に始まるWWL構築支援事業の採択機関を決定したと発表した。全国の10校を拠点に、国際機関や大学と高校が連携し、生徒により高度な学びを提供できる体制づくりを目指す。

同事業は、拠点校を中心に国内外の高校が連携し、企業や大学、国際機関と協働して先進的カリキュラムの研究・開発を行う。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。